ハーバリウム材料選びのポイント(ガラスボトル編)

こんにちは、Acorn-Style*の岡田です!

今日は、【ハーバリウム材料選びのポイント(ガラスボトル編)】についてです。

ハーバリウムを作ってみよう!と思ったら、身近な場所、近所で揃えたいと思うのは当然のことだと思います。私もハーバリウムを初めて作ったときには、ガラス瓶は近所で、オイルはミニサイズのベビーオイルを100均でとりあえず買いました。

家に帰って、まずはガラス瓶を洗剤で洗い、エタノールで消毒し、乾燥させ、手持ちのドライフラワーをガラス瓶に入れてみました。そして、市販のベビーオイルをガラス瓶に注いで、蓋をし、完成!!

間違ったハーバリウム ガラス瓶の選び方

上記のハーバリウム、一見、ちゃんと出来上がったように見えますよね・・・。
でも、ハーバリウム ガラス瓶の選び方としては、×NG なのです。
NGなポイントは、どこか分かりますか??

正解は・・・密閉性の低いガラス瓶(蓋)を使用しているところがNGポイントです。

上記写真の蓋はコルクですが、他にもアルミなどのキャップでも一見くるくると回して蓋が出来ているのに、時間の経過と共に蓋からハーバリウムオイルが漏れ出す場合があります。

蓋もしていて、ガラス瓶を横にしているわけでもないのに、『どうして勝手にオイルが漏れ出すのだろう・・・。』と、最初は不思議でした。ですが、試行錯誤、繰り返しているうちに、密閉性の高いガラス瓶であれば、オイル漏れを防げることが判明。ハーバリウムに向いたガラス瓶と、不向きなガラス瓶(密閉性が低いタイプ)があることに気付きました。

 

というわけで・・・結論!
ハーバリウム制作には、必ず密閉性の高いガラス瓶を使用してくださいね。

 

最近よく聞かれるのですが、Acorn-Style*で取り扱っているスリムなガラス瓶、これは現状、100均では売られていないようです。私もいろいろな100均をまわったのですが、寸胴な形や容量の大きいガラス容器が多く、取り扱われていないようです。

Acorn-Style*で販売している丸いスリムなガラス瓶は、お花が膨張して、中の花材がとても綺麗で華やかに見えので、自信をもってオススメします!

ハーバリウム ガラス瓶3本セット 販売ページはこちら
ハーバリウム ガラスボトル5本セットの販売はコチラ
ハーバリウム ガラス容器10本セットの販売はこちら

 

■次回のお知らせ・・・


次回は、『ハーバリウムオイルの正しい選び方』をご紹介します!
それでは、また・・・☆ミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)